top of page

​令和5年度(第7期)事業計画案

​令和5年度(第7期)事業計画および事業予算(案)

令和5年5月1日〜令和6年4月30日

■総務委員会

委員長:竹村 鮎子

<事業計画案>

1)ガバナンスコードへの対応

・諸規程の整備

2)コンプライアンス研修会の実施

3)団体基盤整備

 

<活動予算> 

計50,000円

50,000円:会議費・雑費

※未承認(申請中)予算 計860,000円

・弁護士委託費用 金36万円 

・訟対応等予備費 金50万円 

コンプライアンス意識の高まりにより、今後、関係者からスポーツ仲裁等の申立てがなされることが想定される。その際には専門職に代理を依頼する必要があり、その際の弁護士費用は安く見積もっても50万円はくだらない。予算として確保しても費消しないことも考えられるが、いざ申立てがなされれば、確実に必要になる費用である。 

 

■競技委員会

委員長:清水 淳一郎

<事業計画案>

  1. 委員会の開催(WEB会議・年2回)

  2. 大会運営および競技規則に関する整備と指導

・競技規則の正しい理解のための指導

・競技会の独自運営ができるスタッフの養成

  1. 競技委員の育成及び指導

・上部団体との関係性を構築するための委員の育成

  1. 第19回日本車いすカーリング選手権大会の開催

日程  令和年月日(金)~日(日)

場所  軽井沢アイスパーク

 

<活動予算> 

計1,600,000円

50,000円:会議費・雑費

1,550,000円:日本選手権開催費用および大会イベント関連費

 

■強化委員会

委員長:河原 崇

<事業計画案>

1) 委員会の開催

2)強化指定に関する規定の策定および推薦

3)日本代表選手団に関する規定の策定および推薦

4)強化戦略プランの策定

5)ミックスダブルス強化指定選考大会開催

6)競技力向上事業の実施(補助金活用)

 ①JPC会議等への出席

  JPC加盟団体会議、JPC強化委員会ヒアリング/協働コンサルテーション

  JOCコーチ会議、監督・ヘッドコーチ会議、NFトレーナー連絡会議、

  チームドクター連絡会議

 ②JPC研修会等への参加

  新人アスリート研修会、インテグリティ研修会、アンチ・ドーピング研修会

  JPC加盟競技団体組織力向上マネジメント強化研修会

 ③強化(選手強化・体制整備)事業

  強化練習・合宿・強化会議・トレーニング

 ④国際大会への派遣    

  世界車いすBカーリング選手権大会2023

  世界車いすカーリング選手権2024

  世界車いすミックスダブルスカーリング選手権大会2024

  アジア・パシフィック・車いすカーリングチャンピオンシップ

 ⑤国際活動における人的資源の確保及び育成

 ⑥専門分野の人的資源の確保及び育成

7) 次世代発掘事業

 ①J-STARプロジェクト

   競技転向選手の獲得、新人の発掘による次世代強化育成活動

 ②次世代育成交流大会開催

        新種目(MD)を軸とした競技普及およびレベルアップ

 

<活動予算> 

計16,701,000円

50,000円:会議費・雑費

13,156,000円:競技力向上事業・体制整備事業

500,000円:MD育成推進・強化指定選考事業費用

2,995,000円:次世代育成・J-STARプロジェクト

 

■指導普及委員会

委員長:森 真弓

<事業計画案>

1)委員会の開催

2)普及啓発

 ・企業を対象としたPRおよび体験会の開催

 ・PR展示や大会映像配信

 ・普及啓発のためのグッズ制作および販売戦略の基盤構築

3) 指導者育成事業(補助金を活用)

 

<活動予算> 

計338,000円

50,000円:会議費・雑費

288,000円:競技別指導者養成講習会

  • 競技指導・指導者養成と普及・啓発活動の2つの異なる資質の活動を統括しているが、他の委員会や事業委託による外部協力者など、目的ごとに横断的な体制で取り組むことが望ましいと考える。令和5年度は、所管事項の再検討と新たな組織体制の見直しを行う。

医科学委員会

委員長:土屋 志保

<事業計画案>

1)アスリート、指導者、関係者を対象とした医科学分野のサポート

       ・服薬やサプリメントに関するヒアリング及び指導等

       ・健康管理・栄養等に関する相談及び指導等

       ・強化トレーナーとの協力体制つくり

2)他の委員会事業への協力

3)情報発信

       ・HPなどを利用したニュースレターの発行

4)アンチ・ドーピング指導および啓発事業の実施

       ・大会時のアウトリーチ活動

       ・服薬、サプリメント、栄養等の調査・相談・教育等

       ・Webを活用するとともに合宿や練習時に派遣する

5)上部団体(JADA・JPC等)主催の会議・講習会・研修会への出席と情報管理

6)(公社)日本カーリング協会と連携した指導

 

<委員会活動費> 

計176,000円

48,000円:講習会参加費(日当・交通費12,000円×4名)

2,000円:通信運搬費

100,000円:報酬(資料作成・企画・講師料)

26,000円:日本選手権への委員の派遣

 

■アスリート委員会

委員長:髙橋 正樹

<事業計画>

*アスリート委員会所管業務(委員会規程参照)

①選手の競技活動・競技力向上に関する事項

②車いすカーリング競技の発展、振興、普及に関するアスリートとしての助言

③選手の生活に関する事項

④当協会の運営にアスリートの意見を反映させるための活動

⑤上記ほかアスリートに関する事項について、理事会に意見を具申し、理事会の諮問に応じること

 

1)上記項目の事項を基にアスリート委員会の活動を行なう。

2)日本車いすカーリング協会の各専門委員会と共同の事業が発生した場合は委員会で承諾を得て参加をする。

3)委員会はリモート会議、メールを活用して意見交換をする。

4)会議開催は必要に応じて開催する

 

<活動予算> 

計50,000円

50,000円:会議費・雑費

※未承認(申請中)予算 計1,500,000円

・リモート会議やメールでの意見交換を主とする

・総会後集まれる機会があれば対面会議が必要

・担当理事と委員会の方向性の確認及び顔合わせ
・競技、育成、指導普及など各委員会との調整が必要

・会場費、協力地元カーリング協会との調整が必要
・国内ツアー試合の実施(4人制、ミックスダブルス普及、選手発掘も兼ねる)

 

 

【プロジェクト(委員会外事業)】

 

1 新スポンサープロジェクト

(補助金取扱い事業担当者:持田靖夫)

新スポンサー獲得に向けた小さな規模の団体の集合体による新しい組織の立ち上げを行う。マネジメントや営業活動においては、専門家のアドバイスおよび委託による広報、資金獲得に向けた活動を行う。

<活動予算> 

計1,000,000円:委託費用(パラサポ補助金)

 

2 ボランティア育成及び登録システムの基盤つくり

(補助金取扱い事業担当者:金子恵美)

大会運営や各種イベントのサポートスタッフなど、競技に関わる人材の確保のため、募集、育成、登録制度、レベルアップ研修などの指導体制を整える。

<活動予算> 

計280,000円:委託費用(パラサポ助成金)

 

3 中長期計画策定のためのアドバイザー契約

(補助金取扱い事業担当者:金子恵美)

国内外でのスポーツ活動の環境の変容に対し、中央統括団体としての基盤構築に努め、恒常的かつ安定した運営を続けるための組織基盤の構築は必須である。団体の経営におけるマーケティングおよび中長期計画作成のために、補助金を活用し、専門家のアドバイスを受ける。

<活動予算> 

計300,000円:委託費用(パラサポ助成金)

 

4 広報宣伝事業

(補助金取扱い事業担当者:持田靖夫)

団体主催(共催)事業である日本選手権や強化指定選手選考事業などの映像配信を積極的に行い、競技の周知とともに露出機会を創出する。渉外活動のメリットにもつながる事業として、専門家への委託、アドバイスを受けながら質の良い素材の活用による広報戦略を展開する。

<活動予算> 

計800,000円:委託費用(令和5年度は活動支援助成金を活用)

 

事務局

事務局長:金子 恵美

<事業計画案>

1)総会・理事会等開催の準備および資料作成

2)事業報告・収支決算等に関すること

3)補助事業の申請、補助金、助成金の収受に係る手続き

4)会員登録および情報管理に関する事務

5)委員会に関する事務の補助

6)当法人の会計、財産の保全および管理

7)文書の受発信及び保管並びに協会印及び会長印の管理

8)各団体ならびに企業との連絡および調整に関すること

9)その他、上記関連業務

 

<活動予算/支出および財務管理計画案> 

計13,001,000円

600,000円:会員登録費・加盟金

317,000円:競技者登録費

40,000円:事務所施設使用費用(固定電話・複合機等)

50,000円:通信運搬費

80,000円:消耗品・交際費・備品費・雑役務費

70,000円:保守管理費(PC・WEBシステム)

285,000円:社労士・各種更新作業

135,000円:法人税・登記関連費

7,100,000円:人件費(補助金)職員給与2名+1企業業務委託

300,000円:旅費(役員公務)

74,000円:委員会活動調整費

80,000円:地域活動補助費

3,850,000円:予備費(立替準備金・事業対策費)

 

以上

bottom of page